司法書士はたけやま法務事務所 > 借金問題 > 自己破産すると官報に載る!?他人にバレる可能性とは

自己破産すると官報に載る!?他人にバレる可能性とは

■自己破産とは
自己破産とは、財産などの不足によって支払い不能である場合に、そのことを裁判所に認めてもらい、借金の支払い義務を免除してもらう手続きの事をいいます。
自己破産の効果は、原則として本人にのみ帰属します。そのため家族の財産は処分されません。
自己破産の条件は、支払い不能状態であること、免責不許可事由にあたらないこと、非免責債権でないこと、この3つです。
また、自己破産に要する期間は、その種類によっても異なりますが、おおよそ6か月から1年程度が目安とされています。

具体的には裁判所の申し立て前までに半年、申し立てから免責されるまでで半年かかります。

 

■官報への掲載
破産手続きを行う中で、官報による公告が行われます。
官報に掲載される機会は大まかに2回あります。

具体的には、破産手続開始の時と、手続きが終了したときもしくは免責許可決定がなされた時です。
この官報公告は、破産する本人の債権者(例:お金を貸している人)が、手続きに関与できる機会を提供するという目的の下で行われています。

このように、自己破産手続きの中で官報には本人の氏名や住所が掲載されます。
自己破産によって借金の支払いが免除される一方で、官報に掲載されることを大きなデメリットととらえる方も多くいると思います。
しかし、官報を常に確認している人はそう多くはいません。
そのため、周りの人に自分が自己破産したことを知られるリスクは非常に低いことが予想されます。

 

■自己破産に係る費用
自己破産の申し立てをする流れの中で、収入印紙代1500円や、上記で説明した官報公告費1万円程度、管財事件の場合には破産管財人の報酬などの費用が必要となります。

 

債務整理でお困りの際には、司法書士はたけやま法務事務所にご相談ください。

当事務所は、埼玉県さいたま市、川口市、上尾市、越谷市を中心にご相談を承っております。
債務整理の他にも、会社・法人登記、相続・遺言、企業法務、不動産登記など様々な業務を取り扱っております。

ぜひお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

司法書士紹介

畠山司法書士

債務整理、相続のご相談、不動産登記、企業法務などでお役に立ちます。

司法書士はサービス業であると認識し、親切で丁寧な対応、分かりやすいご説明を心掛けております。

一人で悩まずお気軽にご相談ください。

司法書士
畠山 勇輔(はたけやま ゆうすけ)
所属
  • 埼玉司法書士会所属登録番号:第1241号
  • 簡裁訴訟代理等関係業務認定番号:第601557号

事務所概要

名称 司法書士はたけやま法務事務所
代表者 畠山 勇輔(はたけやま ゆうすけ)
所在地 〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町3-22-3 三協大門町ビル4F
TEL・FAX フリーダイヤル:0120-345-316 / TEL:048-782-7238 / FAX:048-782-7239
対応時間 平日 10:00~19:00 (事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝 (事前予約で休日も対応可能)