土地 名義人 死亡

  • 新築で不動産を購入した場合の登記

    また、建売住宅を購入した場合、土地名義人は建売会社となっているため、土地に関しては所有権移転登記をする必要があります。加えて、住宅ローンを利用して住宅を購入した場合、当該住居を担保とする抵当権が設定されるはずなので、抵当権設定登記も必要です。 以上のように新築で不動産を購入した場合、しなければならない登記手続き...

  • 住宅ローンなど不動産担保に関する登記手続き

    住宅ローンの場合、購入した土地と建物が担保になり、抵当権が設定されることとなります。抵当権の設定は、法務局に申請することで完了します。また、住宅ローンが完済した際には抵当権抹消登記手続きを速やかに行いましょう。これを怠ると未だ借入金を返済していないということになり、建物所有者の経済的信頼性の関係でもよくないうえ、...

  • 相続放棄と限定承認の違い

    一般的に、限定承認も相続放棄も被相続人が借金などの債務を負ったまま死亡し、相続人が承継された債務を負わなければならなくなった場合に用いられることが考えられます。しかし、相続財産がプラスかマイナスか疑問の場合は限定承認を、明らかにマイナスの場合は相続放棄をした方がいいと考えられています。内容的にはここに両制度の違い...

  • 預貯金を相続する場合の手続き(凍結口座の解除方法)

    銀行の実務ではある人が死亡したらその口座は凍結されます。正確にいうと、相続人の誰かが銀行に連絡した時点で、被相続人名義の銀行口座は凍結されます。そこで、まず相続人は銀行に出向く必要があります。しかしながら、ただ出向くだけでは銀行は預貯金の凍結を解除するとは考え難いです。というのは、銀行が負っているのはあくまでも被...

  • 相続登記に必要な書類

    しかし、相続の場合は被相続人は死亡していますので、共同申請はできません。そこで、被相続人の不動産を承継した相続人は単独で申請することができます(同法62条)。とはいうものの、登記官に「自分が承継人(相続人)です」と申述しても信用してもらえません。そこで、相続人は被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本と相続人全員の戸...

  • 相続登記について(不動産を相続した場合の名義変更)

    遺産相続の中で、被相続人の財産の中に土地や建物などの不動産も含まれているときには、その不動産を相続した相続人は登記名義を変更する必要があります。より正確にいうと、相続により承継した不動産の登記を自己の名義に変更しなかった場合、第三者がその不動産を何らかの手段で手に入れたときに相続人は自らの所有権を主張することがで...

  • 遺言書と遺留分の関係

    遺留分は被相続人死亡後の相続人の生活維持という意味を有しており、この点で遺言書といえども遺留分を配偶者や子(遺留分権利者)は有していることになります。 以上が、遺言書と遺留分の関係になります。まとめますと、遺言書記されている相続人の指定・相続分・分割方法は民法が定める遺留分と抵触しない限り有効になるという関係に立...

  • 相続発生から手続き完了までの流れ

    まず、相続はある人が死亡することによって開始します(民法882条)。この死亡した人のことを被相続人といいます。被相続人が遺言を書いていない場合は被相続人の子・直系尊属(被相続人の親など)・兄弟姉妹・配偶者が法定相続人となります(同法887条1項、889条1項、890条)。相続が開始したとき、相続人が被相続人の財産...

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

司法書士紹介

畠山司法書士

債務整理、相続のご相談、不動産登記、企業法務などでお役に立ちます。

司法書士はサービス業であると認識し、親切で丁寧な対応、分かりやすいご説明を心掛けております。

一人で悩まずお気軽にご相談ください。

司法書士
畠山 勇輔(はたけやま ゆうすけ)
所属
  • 埼玉司法書士会所属登録番号:第1241号
  • 簡裁訴訟代理等関係業務認定番号:第601557号

事務所概要

名称 司法書士はたけやま法務事務所
代表者 畠山 勇輔(はたけやま ゆうすけ)
所在地 〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町3-22-3 三協大門町ビル4F
TEL・FAX フリーダイヤル:0120-345-316 / TEL:048-782-7238 / FAX:048-782-7239
対応時間 平日 10:00~19:00 (事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝 (事前予約で休日も対応可能)