破産 裁判所

  • 自己破産による借金問題の解決

    このような借金問題を解決するために、裁判所が介入しない手続きとして任意整理、裁判所が介入する手続きとして自己破産手続きや、個人再生手続きがあります。自己破産は、自己の財産や生活に大きな制限を課してしまうため、任意整理、個人再生手続きを検討した後に、自己破産を検討することをお勧めします。 自己破産は、任意再生や個人...

  • 個人再生による借金問題の解決

    このような借金問題を解決するために、裁判所が介入しない手続きとして任意整理、裁判所が介入する手続きとして自己破産手続きや、個人再生手続きがあります。初めに任意整理を検討した後は、個人再生手続きの検討をするのがいいでしょう。 個人再生とは、債務額を確定したうえで、将来の支払計画(再生計画)を定めることにより債務者の...

  • 任意整理による借金問題の解決

    このような借金問題を解決するために、裁判所が介入する手続きとして自己破産手続きや、個人再生手続きがあります。もっとも、裁判所を関与させる場合、手続きも複雑なうえ、生活への影響が大きくなってしまう可能性があります。そのため、まずは、裁判所を通さずに任意整理するのが良いでしょう。 任意整理は、債権者と交渉をして将来の...

  • 相続放棄と限定承認の違い

    また、相続放棄をするには相続放棄をする旨を家庭裁判所に申述することでなされます(民法938条)。この点、他の相続人が同意しなければならないということはありません。あくまで個人的に相続放棄をすることができるのです。それに対して、限定承認は共同相続人の全員が共同して行わなければなりません(民法923条)。また、限定承...

  • 相続放棄を行うには

    相続放棄をしようとするには、相続人は家庭裁判所に相続放棄をする旨を申述しなければなりません(民法938条)。これにより相続の放棄をした人ははじめから相続人とならなかったものとみなされます(民法939条)。つまり、他の相続人は相続放棄をした人を除いた共同相続人間の相続分で相続を行うことになります。 相続放棄をいつし...

  • 相続登記に必要な書類

    ただし、不動産の相続が被相続人の遺言書により決定されたときはその遺言が有効であることの家庭裁判所からの検認書(自筆証書遺言の場合。民法1004条1項参照)を、不動産の相続が遺産分割協議により決定されたときは共同相続人全員の署名・捺印がなされた遺産分割協議書を提出する必要があります。 以上が相続登記に必要な書類であ...

  • 遺産分割協議が必要となる相続のケースとは

    なお、遺産分割協議により協議が整わなかった場合や遺言書で遺産の分割を禁じられた場合には、各共同相続人は家庭裁判所に遺産分割の調停・審判を請求することができます(民法907条2項)。 相続でお困りの際には、司法書士はたけやま法務事務所にご相談ください。当事務所は、埼玉県さいたま市、川口市、上尾市、越谷市を中心にご相...

  • 遺言書の種類とそれぞれの効力

    また、自筆遺言証書の場合は、遺言が見つかったらすぐに家庭裁判所に提出する必要があります(民法1004条1項)のでこの辺りも注意しなければならないです。 相続でお困りの際には、司法書士はたけやま法務事務所にご相談ください。当事務所は、埼玉県さいたま市、川口市、上尾市、越谷市を中心にご相談を承っております。相続の他に...

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

司法書士紹介

畠山司法書士

債務整理、相続のご相談、不動産登記、企業法務などでお役に立ちます。

司法書士はサービス業であると認識し、親切で丁寧な対応、分かりやすいご説明を心掛けております。

一人で悩まずお気軽にご相談ください。

司法書士
畠山 勇輔(はたけやま ゆうすけ)
所属
  • 埼玉司法書士会所属登録番号:第1241号
  • 簡裁訴訟代理等関係業務認定番号:第601557号

事務所概要

名称 司法書士はたけやま法務事務所
代表者 畠山 勇輔(はたけやま ゆうすけ)
所在地 〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町3-22-3 三協大門町ビル4F
TEL・FAX フリーダイヤル:0120-345-316 / TEL:048-782-7238 / FAX:048-782-7239
対応時間 平日 10:00~19:00 (事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝 (事前予約で休日も対応可能)