商業登記 とは

  • 会社登記の種類

    会社登記とはそもそも、第三者に対して会社の情報を公示するためのものであるから、登記内容は正確でなければならず、会社の信用を得たり円滑な取引をしたりするために重要な役割を有しているといえます。 会社登記には以下の種類のものがあります。・設立登記・商号登記・役員変更登記・株式に関する登記 上記以外にも多くの登記事項が...

  • 一般的な会社設立・商業登記の流れ

    商業登記とは、法務局の商業登記簿に会社の情報を記載する手続きのことをいいます。会社は設立後登記をすることで法人格を得ることができます。そのため、設立登記は最も重要な登記です。登記には、目的や商号、本店及び支店の所在場所、資本金の額や発行可能株式総数などを記載します。登記とは第三者に会社の内容を公示するものであるた...

  • 過払い金返還請求

    つまり、借金をすべて完済した場合には、完済した日から10年以内でないと過払い金返還請求をすることはできません。また、注意が必要なのは、借金の返済中に過払い金返還請求を行うと、債務整理を行ったのと同視され、信用情報に影響する場合もあります。 過払い金の返還請求は、貸金業者との交渉をしなければいけない他、利息制限法に...

  • 自己破産による借金問題の解決

    自己破産は、任意再生や個人再生とは異なり、借金の返済計画を立てるのではなく、借金の返済が不可能になった場合に、免責制度を用いて再出発を図ることを目的とします。この際、債務者の財産を金銭に換えて債権者に公平に分配します。そのため、家や車などの自己の所有財産は手放さなければなりません。もっとも、自己破産をすることで、...

  • 個人再生による借金問題の解決

    個人再生とは、債務額を確定したうえで、将来の支払計画(再生計画)を定めることにより債務者の事業や経済生活の再生を図る手続きです。自己破産と異なり、家や車などの財産の処分は必要ありません。また、任意整理と異なり最大10分の1程度の大幅な債務の減額が可能です。個人再生も任意整理と同様に、債務の免除を目的とした手続きで...

  • 住宅ローンなど不動産担保に関する登記手続き

    まず住宅ローンとは、借主本人が住むための住宅に対する融資のことをいいます。つまり、マイホームを購入した際に、購入代金を支払うために活用するのが住宅ローンです。住宅の購入代金を一時肩代わりしてもらい、後に利息付きで返済します。そのため、仮に返済ができなくなった時のために担保を設定することが必要です。住宅ローンの場合...

  • 相続放棄と限定承認の違い

    限定承認とは、相続によって得た財産の限度においてだけ被相続人の債務及び遺贈を弁済する相続形態です(民法922条)。それに対して、相続放棄とは、相続の開始によって一応生じた相続の効力を相続人が拒絶する行為です(民法938条)。一般的に、限定承認も相続放棄も被相続人が借金などの債務を負ったまま死亡し、相続人が承継され...

  • 相続放棄を行うには

    相続放棄とは、相続の開始によって一応生じた相続の効力を相続人が拒絶することです。まさに読んで字の如くという感じですね。相続放棄はどういう場合になされるかというと、例えば被相続人が借金をしていたりして債務を負っており、相続財産が明らかにマイナスの場合には相続放棄がなされることが多いようです。相続放棄をしようとするに...

  • 預貯金を相続する場合の手続き(凍結口座の解除方法)

    しかしながら、ただ出向くだけでは銀行は預貯金の凍結を解除するとは考え難いです。というのは、銀行が負っているのはあくまでも被相続人に対する預貯金債務であり、本当に「相続人と名乗る人」が相続人かどうかは確定できないわけです。もし相続人でない人に預貯金を与えてしまったら銀行は二重弁済を負う可能性も出てくるわけです。 

  • 相続登記に必要な書類

    とはいうものの、登記官に「自分が承継人(相続人)です」と申述しても信用してもらえません。そこで、相続人は被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本と相続人全員の戸籍謄本を提出する必要があります。ただし、不動産の相続が被相続人の遺言書により決定されたときはその遺言が有効であることの家庭裁判所からの検認書(自筆証書遺言の場...

  • 遺産分割協議が必要となる相続のケースとは

    遺産分割協議とは、文字通り被相続人の財産・権利を誰が承継するのかを協議で決める遺産分割方法です(民法907条1項)。また、全ての相続人が参加しなければなりません。なぜ協議するのかというと、民法が具体的に誰に何を相続すべきかを記していないからであり、ある意味遺産分割には切り離せない話し合いともいえそうです。というの...

  • 遺言書と遺留分の関係

    これは遺言者(被相続人)の財産は遺言者の意思を最大限に尊重した結果の現れであると考えられますが、一定の場合には遺言通りの遺産相続とはならない場合が生じます。どのような場合かと言いますと、民法が規定している遺留分を有する人にはたとえ遺言書では財産を与えるということが書かれていなくても遺産を相続することになります。

  • 遺言書の種類とそれぞれの効力

    そこで遺言書とはどのようなものかを含めて遺言書の種類と効力について見ていきましょう。 遺言には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3つの種類があります(民法967条)。しかしながら、3つの種類の遺言書があるといってもその内容と効果はさほど変わりません。遺言書が3種類あるのは被相続人の意思の厳格な尊重を果たす...

  • 相続人は誰になるの?法定相続人と順位について

    ただし、法定相続人が被相続人を殺した、強迫により遺言書を作らせたなどを行なった場合は相続人となることはできません(891、892条)。 それでは、各相続人はどれくらいの割合で遺産をもらうことができるのでしょうか。言い換えると、民法は法定相続人の相続分をどのように定めているのでしょうか。法定相続人が子と配偶者しかい...

  • 相続発生から手続き完了までの流れ

    単純承認とは、被相続人の財産を普通に承継すること、限定承認とは被相続人の借金などの債務のうち被相続人の財産から承継した財産の限りにおいて払うこと、相続放棄は自らが有している相続権を放棄することをいいます。相続放棄をせずに、相続人になった場合、この時点では具体的に被相続人の財産のうちどの財産を誰が承継するかを決めて...

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

司法書士紹介

畠山司法書士

債務整理、相続のご相談、不動産登記、企業法務などでお役に立ちます。

司法書士はサービス業であると認識し、親切で丁寧な対応、分かりやすいご説明を心掛けております。

一人で悩まずお気軽にご相談ください。

司法書士
畠山 勇輔(はたけやま ゆうすけ)
所属
  • 埼玉司法書士会所属登録番号:第1241号
  • 簡裁訴訟代理等関係業務認定番号:第601557号

事務所概要

名称 司法書士はたけやま法務事務所
代表者 畠山 勇輔(はたけやま ゆうすけ)
所在地 〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町3-22-3 三協大門町ビル4F
TEL・FAX フリーダイヤル:0120-345-316 / TEL:048-782-7238 / FAX:048-782-7239
対応時間 平日 10:00~19:00 (事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝 (事前予約で休日も対応可能)